虫歯が口臭の原因になるわけ

虫歯が一番多い口臭の原因

虫歯が口臭の原因になるわけ

虫歯が一番多い口臭の原因

 

口臭の原因の中でも一番多いのが、虫歯です。そもそも虫歯ができるのは、歯に残った食べ物のカスを口内のバクテリアが分解し、こうしてできた歯垢や、それが唾液に含まれるカルシウムによって硬化した歯石に虫歯菌が生息、活動するからです。

 

歯垢そのものも腐敗した食べ物ですから臭いがありますし、歯石も硬化しているとはいえ元々歯垢ですからやはり臭いを持ちます。しかし虫歯はそれら歯垢や歯石を細菌が更に分解し、その際に酸を放出するため、この酸の臭いが混じってさらに口臭を強めることになるのです。

 

また例外も多いとは言うものの、虫歯を育てやすい人というのは概して口内環境に注意していない人ですから、どうしても口臭を発しやすくなります。それで口臭が気になる人は、まず歯垢や歯石を取り除くことを心がけましょう。

 

歯垢なら毎日の丁寧な歯磨きでかなりの程度取り除くことができます。歯石の場合は硬化しているため歯磨きでは取り除くことができません。歯石は歯科医に行けば簡単に取り除いてもらえます。

治療後の虫歯のせいで起こる口臭

虫歯が一番多い口臭の原因

 

口臭は、食べカスなどのたんぱく質を口内のバクテリアが分解することで起こりますから、口内に残るたんぱく質をキレイに取り除くことが予防の鍵になります。

 

しかしどれだけ歯を隅々まで磨き、デンタルフロスで歯の隙間まで掃除し舌の汚れまで取っても口臭が治らないという人もいます。この場合、もしかしたら「治療したはずの虫歯」が原因かもしれません。

 

虫歯を治療してもらいに行くと、まず虫歯になっている部分を削り取ってから削ってなくなった部分を補完すべく、型をとった金属やプラスチックなどをかぶせますね。

 

この時被せてみて噛み合わせが合うまで微調整していくはずなのですが、それでも患者さんの噛み合わせにピッタリと合っていない場合もあります。そのことに気づかず飲食していると、歯と詰め物の歯の間に隙間ができて食べかすが詰まってしまい、そこから口臭が発生してしまうのです。

 

また治療後何年かすると被せた歯の中で再び細菌が繁殖することもあります。詰め物の中ですからレントゲン写真などで調べなければ見た目には分かりませんし、それでいて詰め物の中という狭い空間で細菌が繁殖しその中を腐食させていくわけですから、強烈な悪臭を放つようになるのです。

親知らずと口臭との関係

 

大人になってから生えてくる親知らずは、横向きに生えてくることもあり隣り合う歯を押したり虫歯や歯周病にもなりやすいものです。
虫歯や歯周病は口臭の原因にもなりますから、このような場合抜いてしまう方が良いでしょう。
しかしまっすぐに生えてくる親知らずであっても口臭の原因となる場合があります。

 

これは一番奥に生えてくる親知らずに歯肉が被さっていることがあるためです。
つまり歯の頭全体が顔を出していない状態にあり、被さっている歯肉との隙間に食べ物のカスが入り込んで醗酵するのです。

 

このような隙間は毎日の歯磨きで掃除できるようなものではありませんし、このような状態も虫歯になりやすいですから、やはり歯科医で抜くかどうか相談する方が良いでしょう。

 

ただ、親知らずの抜歯後も、口臭がでることがあります。
これは抜いた後の穴に食べかすが詰まるためです。
この穴は段々塞がっていきますから、口臭を予防したいからといってゴシゴシ磨くのではなく治癒を待ちましょう。
ゴシゴシ磨いてしまうと余計に治癒に時間がかかってしまいますよ。

トップへ戻る