タバコと口臭の関係

ヤニ臭いタバコと口臭の関係

 

喫煙者には独特の口臭がありますよね。一般に「ヤニ臭い」と言われますが、この臭いの元は何なのでしょうか。

 

タバコのヤニ臭さとは、具体的にはそこに含まれているタールの臭いです。タールとはタバコが燃える途中で生成される化合物で、舌や歯など口内をはじめ肺や胃にも付着する強い粘性を持っています。

 

このタールそのものに焦げ臭い臭いがあるため、口内に付着した粒子と肺に付着して呼気として出される粒子のせいで、喫煙者独特の口臭を作っているのです。

 

しかし喫煙者の口臭とは、単にタールの臭いだけではありません。タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、血液の循環が悪くなることで唾液の分泌量が抑制されてしまいます。

 

このため口内のバクテリアが繁殖しやすい環境となり、口臭を発するようになるのです。その上血行が悪いと代謝機能が衰えるため細菌に対する抵抗力が衰えます。つまり口内のバクテリアの影響を受けやすくなるので、これも臭いの原因となります。

 

更に言えば、喫煙者はどうしても口呼吸になるため、これも口内を乾燥させる原因となって口臭の原因となるようです。

喫煙者の口臭対策

ヤニ臭いタバコと口臭の関係

 

タバコによる口臭は非常に強く、完璧に消臭したいなら禁煙するしかありません。しかしなかなかやめられないのがタバコというもの。では喫煙しつつも口臭を改善するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

タバコが口臭の原因となるのは、1つには唾液の分泌が減って口が乾燥してしまうことにあります。それでこまめな水分補給は大切です。

 

ただしコーヒーはコーヒー独特の臭いがあるため、コーヒーと共に喫煙すると臭いが入り混じって余計に悪臭になってしまいますから、これは避けてください。お勧めは消臭効果のあるカテキンを含んだ緑茶です。

 

また喫煙後すぐに歯磨きをするのも良いでしょう。タバコ臭の直接の原因になっているタールも、喫煙後直ぐはまだ口内にへばりついているわけではないので、直ぐに洗い流せばかなり臭いが取れるはずです。

 

逆に歯にへばりついて取れなくなったタールは普通の歯磨きでは取れません。タール除去に対応した歯磨き粉を使うか、歯科医でステイン除去してもらうかする必要があります。

トップへ戻る