妊娠中の口臭予防

体質が変わる妊娠中の口臭予防

 

妊娠中は口内環境が変化するため、口臭のでやすい体質になっています。これは出産しホルモンバランスが正常に戻れば自然と消えていくものですので、そう神経質になる必要はありません。

 

むしろ神経質になってストレスを溜めるようになると、それが原因で唾液の分泌が減り余計に口臭がきつくなってしまうことさえありますから、「これくらい当たり前」と考えて気にせずゆったりと過ごす方が出産のためにも良いと思います。

 

それでもどうしても妊娠中の口臭が気になってしかたない場合は、次のような方法で対処するのがお勧めです。まず一つ目はこまめな水分補給。

 

妊娠中はどうしても唾液の分泌量が減ってしまい口臭の原因だけでなく虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。それで唾液の分泌促して口内が乾いてしまわないように、こまめに水分補給をしてください。

 

また妊娠中は食事回数が増えることが多いので、その都度きちんと口内清掃をするのがお勧めなのですが、人によってはつわりの為に歯ブラシを口に入れることができない場合もありますね。

 

そのような場合にはマウスウォッシュを使う>とよいでしょう。マウスウォッシュは口内に残る食べかすなどを洗い流して口内のネバネバ感や乾燥を改善するのにも役立ちます。

妊娠中に口臭がでる理由

体質が変わる妊娠中の口臭予防

 

妊娠中は体や精神に大きな変化が生じますが、口内のバランスにも変化がでます。妊婦さんには口臭があると聞くことがありますが、これは本当で、妊婦さんは口内バランスの崩れによって口臭が出やすくなってしまうのです。

 

例えば妊娠中は唾液が酸性に傾くようになります。その上唾液の分泌量が減るため、口内でバクテリアが繁殖しやすくなってしまいます。

 

また妊娠中は突然に食欲がでていつも何か口に入れておきたくなることがあり、食事回数も増えるため、その都度デンタルケアをしていないと食べ物のカスが口の中に残ってしまいます。その食べかすがバクテリアによって腐食させられ、悪臭を発するようになってしまうのです。

 

またつわりのために歯磨きへの嫌悪感を感じることもあります。歯ブラシを口に入れてしっかりと磨けないため、どうしてもケアが足りず口内を清潔に保つことが難しくなってしまいます。

 

その上歯に異常を感じても妊婦さんは歯科医に行かない方が良いのではと考えて避けがちになる場合も多く、虫歯を放置して口臭の原因となってしまうのです。

トップへ戻る