にんにくによる口臭がキツイ理由

にんにくによるかなり強い口臭

 

葱やにんにく、韮などを食べると口臭を発し、どれだけ歯を磨いても臭いが消えませんよね。それもそのはず、他の食品と違って、これらの食品には臭いの元となる独特の成分が含まれているからなんです。

 

にんにくなどの臭いの元となるのは、「アリシン」「アリルサルファイド」「メルカブタン」といった成分です。このうちアリシンとアリルサルファイドは化合物であり、自生しているにんにくそのままの状態の時には存在していません。

 

にんにくを刻んだり摩り下ろしたりすることによってそこに含まれていた「アイリン」という成分が「アリナーゼ」という酵素に触れて酸化し、アリシンやアリルサルファイドという化合物に変化するのです。

 

これらの成分のうち特にアリルサルファイドはかなり強い悪臭でしかもなかなか消えることなくいつまでも体内で残り、血液にそのまま浸透して肺に達し、口臭となって出てきます。

 

それでにんにくを食べた後どれだけ歯を磨いても口臭が残ってしまう主な原因は、この悪臭成分のうちアリルサルファイドが主要なものとなっていると考えられています。

にんにくの臭いを翌日に持ち越さない方法

ニンニクと口臭

 

にんにくの臭い成分には食べた後に臭いが強くなる性質を持った成分も含まれているので、体内にいつまでも残って血液に溶け込み、体臭となって出てきたり肺に達して呼気に含まれ口臭となって出てきたりします。

 

このため口臭が気になって、翌日に大事な用事がある日などはにんにくを敬遠しがちですよね。ではこの強い臭い成分を持つにんにくを、翌日に持ち越さず消してしまう方法はないのでしょうか。

 

まずにんにくの臭い成分の一つである「アリシン」は、刺激臭となる硫黄性化合物ではあるのですが、実は加熱すると臭いが減少するという性質を持っています。

 

それで少なくともアリシンに関しては、にんにくを加熱することで消臭する>ことができるはずです。逆に言うと、生ニンニクはNGということですね。

 

しかし他の成分、「アリルメチルサルファイド」と「メルカブタン」に関してはそうはいきません。ではどうすれば良いかというと、まず消臭効果をもつ牛乳やリンゴジュース、コーヒー、パセリなどを食前・食後に飲むことが勧められています。

 

またニンニク臭は口臭だけでなく汗という形で体臭となっても現れますから、できるだけ臭い成分を体から追い出してやることも有効です。そのためにはサウナや半身浴、運動などで沢山汗をかくと良いでしょう。

トップへ戻る