フリスクに口臭の消臭効果はある?

フリスクに口臭の消臭効果はある?

フリスクに口臭の消臭効果はある?

学生の頃、眠気覚ましにフリスクやミンティアといったタブレット菓子を口に入れていた人は少なくないんじゃないでしょうか。
フリスクやミンティアは口に入れるとスーッと爽やかなミントの味が口に広がるので、これを口臭対策として使う人もいるようです。
しかし果たしてこれらタブレット菓子でどの程度口臭対策ができるのでしょうか。

 

一時的な口臭対策としては、確かに効果があります。
タブレットのミントの香りによって、本人の吐く息も確かにミントの香りがしますね。
しかしこれはあくまでも一時的なもの。
例えばフリスクを食べてから30分後、もう一度自分の息を嗅いでみてください。
恐らくもうミントの香りはしないはずです。

 

つまりタブレット菓子は「消臭」しているわけではなく「マスキング」してるだけなんです。
嫌な臭いを他の香りで誤魔化しているだけで根本原因を取り除いているわけではないので、その香りが消えれば元通りの口臭になってしまうというわけです。
ただ、一時的とはいえ、即効性という点では非常に優れたアイテムとも言えるかもしれません。

フリスクを使った口臭対策と注意点

フリスクやミンティアといったタブレット菓子による口臭対策は、マスキング効果による一時的なものであり根本的な解決にはなりません。しかし一時的でもいいので口臭を防ぎたい時もありますよね。そんな時には確かにフリスクやミンティアは頼りになる対策グッズになります。

 

例えば接客中や営業中で相手と顔を合わせてしゃべらなければならない時、ガムを噛みながらというわけにはいかなくても、タブレット菓子なら口の中に含ませておけば1〜2時間ほどはミントの香りのする息になります。もっと長時間効果が欲しければ、定期的にサッとフリスクを口に入れるようにすると良いでしょう。

 

ただ、フリスクには人口甘味料が配合されているため、あまりに食べ過ぎると下痢になる恐れがありますし、定期的に大量に摂取していると唾液分泌異常や味覚障害を引き起こす恐れもあります。

 

また嗅覚の鋭い人の中には、タブレット菓子のミントの香りと一緒にその人の持つ口臭の臭いも感じ取ってしまうことがあるようです。従って、一時的にどうしても必要な時には便利なアイテムですが、使用には注意が必要のようです。

トップへ戻る