蓄膿症と口臭の関係

蓄膿症による口臭の改善方法

 

病気が原因の口臭の中には、蓄膿症が原因になっているものがあります。蓄膿症とは慢性の副鼻腔炎のことで、鼻の奥にある副鼻腔に炎症が起きて膿が溜まり、それが排出されないために常に鼻が詰まったような状態になっています。

 

症状としては、鼻づまりの他に鼻水が黄色や緑っぽい色をしていて粘りがある、鼻水が喉の奥のほうへ流れる、食べ物の味や匂いがしない、頭痛がする、といったものがあり、口臭に悩まされていて尚且つこのような症状のある人は、蓄膿症を疑ってみる必要があるかもしれません。

 

ではどうして蓄膿症が口臭に繋がるのかと言うと、まずその症状ゆえに常に口で呼吸しているため、口内が乾いてドライマウスになってしまうことが挙げられます。

 

また唾液の分泌量も減るため、これも口臭の原因となってしまいます。更に副鼻腔に溜まった膿の臭いが、鼻と直接繋がっている口の方へ入ってきて、これが口臭となって出てくることもあります。

 

これらの原因はどれも避け得ないものですから、改善の為にはまず蓄膿症そのものを治療する必要があるでしょう。

蓄膿症による口臭の改善方法

蓄膿症による口臭の改善方法

 

蓄膿症は、唾液の分泌量低下と口呼吸によるドライマウス、そして副鼻腔に溜まった膿の臭いなどが原因で口臭を引き起こします。

 

これらはどれも避け得ない症状なので、口臭を治したいなら蓄膿症そのものを治療する必要があります。耳鼻科へ行けば、治療として抗生物質を投与する薬物療法や、膿を除去したり炎症を起こしている副鼻腔に薬を塗布して炎症を抑える局所療法などが取られることでしょう。

 

またもし重度であれば、炎症を起こしている部分を除去する外科的療法が取られる場合もあります。いずれにしても蓄膿症は放置しておくと頭蓋骨や目など周辺の大切な部分に合併症を引き起こす可能性もあるので、早めに耳鼻科で相談する方が良いでしょう。

 

しかし完治する前にとにかく口臭を抑えたいというのも確かですよね。その場合、できることとしては、口の中の乾燥を抑えるためにできるだけ鼻で呼吸するようにしてください。

 

また唾液の分泌を促すためにガムを噛んだり唾液腺のマッサージをしたりすると良いでしょう。また副鼻腔に溜まった膿をできるだけ出すように、よく鼻をかむことも有効です。

トップへ戻る