便秘になると口臭が強くなる?

便秘になると口臭が強くなる?

便秘になると口臭が強くなる?

便秘になると口臭が強くなる?

 

女性の悩みに多い便秘ですが、実はこれも口臭の原因となる可能性があります。そもそも口臭は、口内に潜むバクテリアがたんぱく質を分解する際に発する揮発性硫黄化合物による臭いのほかに、肺から出る息そのものに既に臭いがある場合があり、便秘は後者を引き起こす可能性があるのです。

 

どういうことかというと、まず便秘によって腸内に排泄物が長時間溜まっていると腐敗が進んで大腸菌やブドウ球菌などの悪玉菌が繁殖します。

 

この悪玉菌が炭水化物や脂肪、たんぱく質などを醗酵させてアンモニアや硫化水素といった悪臭ガスを発生させます。この悪臭ガスは血液に取り込まれて肺に運ばれ、呼気として吐き出されることになるのです。

 

また、便秘と言うのは体質もありますが、ストレスや乱れた食習慣などにも関係があり、これらは口臭の原因にもなりうるものです。従って、ストレスを軽減し食習慣を改善することで便秘が治ると同時に口臭も改善されたというケースも少なくないようです。

口臭に繋がる便秘の解消方法

便秘になると口臭が強くなる?

 

便秘によって体内で発生する悪臭ガスが血液を通して肺に達すると、これが原因で口臭が出てしまうことがあります。また両者の原因が同じであることも少なくないため、いずれにしても便秘を解消することは口臭対策の一つになります。

 

便秘解消方法として一番オーソドックスなのは、食物繊維を沢山摂ることでしょう。水溶性の食物繊維は水に溶けて便を柔らかくし排出しやすくしてくれますし、不溶性食物繊維の方は体内で水を吸い込んで膨張し、腸内からごっそり老廃物を押し出してくれます。

 

水溶性食物繊維はこんにゃくや海草類に、不溶性食物繊維はごぼうやきのこ、大豆などに多く含まれています。また腸内の善玉菌を増やすために、その餌となるオリゴ糖を多く含む食品を取り入れることも効果的です。豆類や乳製品にはオリゴ糖が多く含まれています。

 

また食べないダイエットや朝食抜きといった習慣は、便秘の原因となるうえ唾液の分泌量が著しく減るため口臭の原因ともなります。こういった習慣があるなら改善する必要があるかもしれません。

トップへ戻る