コーヒーと口臭の関係

美味しいコーヒーと口臭の関係

 

朝の寝覚めや食後、休憩時間など、コーヒーがすごく美味しいですよね。ところがこのコーヒーも、口臭の原因になりやすい飲み物なんです。

 

まずコーヒー豆やミルク、砂糖の微粒子は、舌の表面にある小突起「舌乳頭」に付着しやすく、それ自体が呼気と入り混じって口臭になったり、それらをバクテリアが分解することで悪臭ガスを発したりします。

 

また利尿作用があるため体の水分を減らすこと、更にはコーヒーの渋みもまた唾液分泌の低下を引き起こすため、バクテリアの活動を促進させてしまいます。また胃酸過多の人の場合、胃液分泌を促進する作用の為更に症状を悪化させて臭いを引き起こしてしまいます。

 

しかしこのような症状が起こりやすいのは、口の中が乾いている状態の時、例えば緊張などストレスを強く感じている時、空腹時、起床直後などであって、コーヒーを飲んだらどんな時も口臭が起こってしまうと言うわけではありません。

 

逆に食中や食後に飲むと食べたものの生臭さを隠してくれますし、胃液分泌を促進させるため消化を助けてもくれるのです。

コーヒーを飲んだ後の口臭対策

美味しいコーヒーと口臭の関係

 

コーヒーは確かに口臭の原因になり得ますが、飲めば必ず発生するというものではありませんから、極端に避ける必要はありません。気をつけたいのは影響を受けやすい空腹時やストレスを感じている時など口内の唾液分泌が減って乾いた状態にあるときです。

 

このような時にはコーヒーを飲むことで口臭が発生してしまう可能性があるため、その後大事な用事があるときなどは飲まないようにすると良いでしょう。

 

また飲み方に気をつければ口臭は予防できます。効果的なのは、コーヒーを飲んだ後に水を飲むこと。水を口に含んで舌の表面を口内の上顎に擦り付けるようにして舌に付着した微粒子を洗い流しましょう。何回か繰り返して、コーヒーの味が残っていないか確かめてください。

 

歯磨きができる状況にあるなら、飲んだ後に歯ブラシで軽く舌を掃除するとより効果があがります。ガーゼで軽く舌を拭くのも効果的です。

 

またコーヒーを飲むと口の中が酸性に傾いていますので、これを元の状態に戻してあげるのに、キシリトールガムを噛むというのも良い方法です。ガムは唾液の分泌も促すので一石二鳥です。"

トップへ戻る