慢性胃炎と口臭の関係

慢性胃炎と口臭の気づかない関係

 

口臭の大多数は虫歯や歯周病など口内に問題があるのですが、そこに全く問題がない場合、胃腸などの消化器官が原因になっているのかもしれません。

 

胃腸に問題があって口臭がする場合、その臭いは卵の腐ったような臭いになるのが特徴です。

 

口臭の原因となる胃腸の病気としては「慢性胃炎」が代表的です。
慢性胃炎は胃粘膜や胃液分泌腺が萎縮する病気で、胃酸が出にくくなっています。

 

本来なら胃酸によって消化された食べ物は腸へ達し、そこで初めて腸に住む善玉菌によって醗酵、排泄となるのですが、慢性胃炎の場合胃酸が出にくいため胃の中に入った食事はなかなか消化されず、胃の中に長く残ることになります。

 

結果、食べたものは腸に行く前に胃の中で発酵してしまい、その悪臭ガスが肺に達して呼気として口から出てしまうのです。

 

また胃酸過多は舌に舌たいという汚れを付着させることがあります。
この舌たいも口臭の原因となるため、ダブル効果で強い臭いを発してしまうことがあるのです。

口臭の原因・慢性胃炎の改善方法

慢性胃炎と口臭の気づかない関係

 

実は慢性胃炎は半数の人が持っていると言われるくらい身近な病気なのですが、大多数の人が無症状であるためそれに気づかないそうです。症状が出る場合、それは胃の痛みや胃もたれ、食欲不振、吐き気などの他に、卵の腐ったような口臭がすることもあります。

 

逆に言うと、口腔内に原因が見つからないのに口臭がひどく、それも卵の腐ったような臭いである場合、慢性胃炎を疑ってみる必要があるかもしれませんね。

 

慢性胃炎である場合、生活習慣を見直すことで改善できることがあります。動物性脂肪や香辛料、アルコールの摂りすぎは胃に負担をかける為良くありません。

 

これらを控えて食事は規則正しく決まった時間に食べるようにします。ストレスも慢性胃炎を引き起こす上、口臭の原因にもなりますから、ストレスを定期的に解消するようにしましょう。

 

これらの他に、胃にピロリ菌がいる場合に、このピロリ菌が出す物質によって粘膜が刺激を受けて胃炎を引き起こす場合があります。この場合は抗菌薬を投与することで除菌できます。

トップへ戻る