口臭の原因は舌にある?

口臭の原因は小突起がある舌にある?

 

口の中に食べかすがあるとそれにバクテリアが取り付いて分解し、腐敗臭を発します。それで口臭を予防するには食後に口内の食べかすをキレイに取り除いてあげる必要があります。

 

しかし食後に一生懸命歯磨きしているのに口臭が消えない・・・という人もいますね。実はどれだけしっかりと歯磨きをしていても、食べかすが口内に残っていることがあるんです。

 

どこに残っているのかと言うと、それは舌。舌には舌乳頭と呼ばれる無数の小突起があるのですが、ここに食べ物のカスが詰まりやすいのです。食べ物だけでなく飲み物のカスもここに残ってしまいます。これらが固まってできたものを「舌苔」と言います。

 

鏡で舌を見てみると付いている白い汚れがそれで、食べ物のカスや口の中で剥がれ落ちた粘膜細胞、バクテリアなどが固まってできていてたんぱく質を多く含みます。このたんぱく質にバクテリアが取り付いて腐敗させ、臭いを発するため、舌苔の多い人は口臭の可能性が高いと考えられるのです。

舌磨きのポイント・注意点

口臭の原因は小突起がある舌にある?

 

口臭の発生源は歯というよりもむしろ舌にあります。「舌苔」と呼ばれる白い食べかすなどの塊にバクテリアが取り付いて腐敗させるため悪臭を放つため、口臭を予防するには歯磨きより舌磨きの方がむしろ大切だという意見さえあります。

 

しかし口臭を気にするあまり間違った舌磨きをしていると、粘膜を傷つけてしまいます。そこでここでは正しい舌磨きの方法についてご紹介しますね。

 

まず舌磨きのタイミングですが、これは一日に一回だけ、朝の歯磨きのついでに行うと良いでしょう。あまりに何度も磨くと粘膜を傷つけます。朝の歯磨きのついでと言っても、歯磨き粉がついたままそのままゴシゴシ磨いてはいけません。

 

まずは歯と歯ブラシをすすいで歯磨き粉を洗い落とし、あらためて水だけで磨くようにします。普通の歯磨き粉は舌には刺激が強すぎるので、逆に舌苔を刺激して悪化させてしまう可能性があります。同様の理由でゴシゴシと強く擦るのもNGです。

 

また舌の汚れをかき出す目的で、ブラシを舌の奥から手前に動かすようにします。ブラシを奥へ入れると嘔吐感があるかもしれませんが、その場合は息を止めて舌を前に突き出し少し下向き加減にして磨くと良いでしょう。

トップへ戻る