口臭と胃との関係は?

胃から来る口臭を改善するには

 

「胃が悪いと口臭がきつくなる」というのを聞くことがありますね。果たして本当に口臭と胃には関係があるのでしょうか。

 

まず最初に覚えておきたいのは、胃の臭いが直接口臭となって発せられることはないということ。胃と食道の間には「噴門部」という、胃液の逆流を防ぐための蓋のようなものがあり、括約筋という筋肉によってこの蓋が閉じられた状態にあります。

 

この蓋が開くのは、食事をするときとゲップをするときだけです。しかし消化器官の調子が悪くなれば口の臭いがきつくなるのも事実です。消化器官が慢性的に悪くなると口内にも影響を及ぼし、酸性に傾きます。

 

口内が酸性化すると舌たいができるため、これが臭いの原因となります。また消化器官が弱まると唾液の分泌量も減りますし、老廃物が体内に蓄積し血液を通して肺に達し、呼気として現れることもあります。

 

直接の臭いの元になることはないとはいえ、このように密接な関係にあることから考えると、暴飲暴食や不規則な生活、ストレスなどに気をつける必要がありますね。

胃から来る口臭を改善するには

胃から来る口臭を改善するには

 

胃の調子が悪くなると、口臭の強くなります。従って胃から来る口臭を改善するためには、その消化機能を正常に戻してあげることが何より大切です。

 

胃の不調の原因の多くは、暴飲暴食や食生活の乱れです。それで暴飲暴食の傾向があるなら勿論それを控える必要がありますし、特に睡眠前に飲食の習慣がある人は、これを改善するだけでもかなりの効果があります。また食事はよく噛むことで胃への負担は軽くなります。

 

また食事内容にも注意しましょう。肉や油分の多い食事は消化に時間が掛かるため、それだけ負担をかけることになります。逆に緑黄色野菜や果物に含まれるビタミンCは消化器官の不調を未然に防ぐ作用があると言われていますから、これらを積極的に食事に取り入れるようにすると良いでしょう。

 

更に、ストレスそれ自体も口臭の原因になりますが、胃に負担をかけることでも有名ですよね。それでストレスを定期的に解消し、溜め込まないようにすることも大切です。一日のストレスをリフレッシュさせることのできる趣味などがあれば良いですね。

トップへ戻る