病気による口臭は

内臓疾患や病気による口臭は

 

口臭の原因の多くは口内環境によるもので、虫歯や歯周病によるものも結局は「口内環境のせい」と言うことができます。これらの口臭の場合に発せられる揮発性硫黄化合物の臭いとは別に、他の独特の不快な臭いを発する場合があり、それらには他の体の病気が関係している可能性があります。

 

その代表的なものは、「代謝性疾患」です。代謝性疾患とは体の代謝機能に障害をもたらす病気のことで、糖尿病や尿毒素、肝性昏睡といったものが挙げられます。

 

これらは口からの臭いではなく、それぞれ疾患のある内臓から出る臭いであるため、他の一般的な口臭とは違った臭いがするのです。糖尿病の場合は「アセトン臭」という甘酢っぱい臭い、尿毒症はアンモニア臭、肝性昏睡はねずみ臭がすると言われています。それでこのような臭いがすると言われたなら、代謝性疾患の可能性があると判断できます。

 

しかし逆に言うと、代謝性疾患による口臭は、その病気を治療すれば自然と消えると期待できます。生活習慣を整えることで改善していける場合も多いので、医師と相談し取り組んでいくとよいと思います。

肝疾患によって口臭が発生する理由

内臓疾患や病気による口臭は

 

口臭を発生させる内蔵の病気で有名なのは、糖尿病などの代謝性疾患と、そして肝臓の病気、肝疾患です。肝臓の病気には肝炎、肝硬変、肝臓癌、肝脂肪といったものがありますが、これらによって肝臓の機能が著しく低下すると、それが原因で口臭を発するようになるのです。

 

そもそも肝臓の役割とは有害物質の処理であり、有害物質がうまく処理できなければ体内にたまって有毒ガスを発生させてしまいます。これが血液を通して肺に達し、呼気として出るため口臭となるのです。

 

例えば肝臓には、体内に発生する有害なアンモニアを害の無い尿素に作り変える役割があります。肝疾患によりこの働きが弱まれば、アンモニアが血液に溶け出して肺に達し、呼気として発せられることになります。

 

また肝臓の機能が低下するとホルモンバランスも崩れ、唾液の分泌量も減ってしまいます。それで肺から来る呼気と口の中で発生するバクテリアによる揮発性硫黄化合物とが交じり合って、更に強い口臭となってしまうのです。

トップへ戻る