自分自身で口臭の有無をチェックする方法

自分自身で口臭の有無をチェック

自分自身で口臭の有無をチェックする方法

自分自身で口臭の有無をチェック

 

自分に口臭があるかどうかをチェックする一番簡単で確実な方法はブレスチェッカーを使ってみることですが、ブレスチェッカーがなくてもチェックする方法が幾つかあります。

 

まず一番シンプルな方法は、自分で自分の息を嗅いで見ることです。コップやビニール袋などに息を吹きかけ、漏れないように蓋をします。一旦外の空気を吸ってから閉じ込めておいた息のにおいを嗅いでみましょう。

 

別のチェック方法は、自分の唾液の臭いを嗅いでみることです。手の甲や手首などを舐めてから、乾くまで30秒〜1分ほど待ちます。その臭いを嗅いでみると、自分の口の臭いに近い臭いがするはずです。

 

更に別のチェック方法もご紹介しますね。まずオキシドールを水で2倍ほどに薄め、うがいしてみます。吐き出したオキシドール水から小さな泡が出ていれば、口臭がある可能性があります。

 

最後は、舌の表面にある「舌たい」をチェックしてみることです。舌が白や黄色っぽくなっている場合は要注意。布などで舌たいを拭いて臭いを嗅いでみましょう。この臭いがキツイ場合も口臭が強い可能性があります。

 

口臭チェッカーとは

自分自身で口臭の有無をチェック

 

口臭は自分自身では分かりづらいというところが一番厄介な点ですね。自分に口臭があるのかどうかハッキリさせる一番よい方法は誰かに聞いてみることですが、臭いというものはなかなか指摘しにくいものですし、特に女性の場合恥ずかしさもありますよね。

 

それで自分自身で口臭の有無をチェックするために、ブレスチェッカーが販売されています。歯科医院に行けば置いているところもありますが、もっと簡単に独りで試すことができるのがこういったグッズのよいところですね。

 

値段も数千円で売られているのでリーズナブルですし、臭いのレベルも数値で表されるので分かりやすくなっています。この数値は4段階のものもあれば6段階のものもあるのですが、いずれにせよ「0」なら無臭ということ、最大値を指せばそれだけ臭いがきついことを表しています。

 

ただ、このブレスチェッカーは臭いがあればしっかり反応するので分かりやすいのですが、逆に「良い匂い」の時にも反応するとの意見が見られます。例えばブレスケアなどでミントの香りがするときなどですね。それでチェッカーを使う時にはしばらく口に何も入れないようにしてから使用すると良いかもしれません。

トップへ戻る