寝起きの口臭がキツイ理由

寝起きの口臭が最強にキツイ

 

一日の中で最も口臭がキツイと感じるのは、恐らく寝起きだと思います。これは誰しも同じで、つまり人間の生理現象なのですから避けようがありません。しかし何故寝起きはこれ程口臭がキツイのでしょうか。

 

本来人の口の中はバクテリアの温床で、いつでも数種類のバクテリアが存在していると言われています。これが口内で剥がれ落ちた粘膜組織や食べかすを分解する時に腐敗臭を発するのですが、通常口内で分泌される唾液がバクテリアの濃度を薄くし洗い流しています。

 

このため口臭があっても他の人に気づかれるほどの臭いにはならないのですが、睡眠中はこの唾液の分泌量が非常に少なくなります。すると口内のバクテリアは洗い流されることなく繁殖し続け、臭いの元となる腐敗臭を作り続けるのです。

 

一般的には、睡眠後3時間くらいからバクテリアは増殖し始め、8時間後には大量のバクテリアが口内に存在することになると言われています。従って寝起きの時間帯が一番キツイ臭いを発するというわけなのです。

寝起きの口臭対策

寝起きの口臭が最強にキツイ

 

寝起きの口臭がキツイのは、睡眠中唾液の分泌量が減り口内のバクテリアが繁殖するためで、これを防ぐ方法はありません。しかし寝る前のちょっとした工夫で、翌日の寝起きの口臭を幾らか軽減させることはできます。

 

まず当たり前のことですが、睡眠前の歯磨きは肝心です。というのも、口内のバクテリアは食べかすに取り付いて腐敗させることで口臭を発しているからです。従って睡眠前の歯磨きが最も大切なのですが、意外と自分流になっていてきちんと磨けていない人もいます。

 

歯を磨くときは歯1本につき小刻みに20回くらいブラッシングすると良いでしょう。舌にも食べかすが付着していますから、口をゆすいでから何もつけていない歯ブラシか舌ブラシで優しくなでるようにブラッシングします。また歯と歯の間など歯ブラシが届きにくいところはフロスや歯間ブラシで掃除します。

 

更に仕上げに口内を消毒します。専用の口内洗浄液を使うのも良いですし、きちんと口をゆすいだ後寝る前に緑茶で口をしめらすことも有効です。これで口内のバクテリアの繁殖をある程度抑えることができるので、寝起きの口臭が軽減されるでしょう。

トップへ戻る